大変な理由

離婚が大変なのは、夫婦であった間に積み重ねてきた財産や書類手続きを、離婚すると決まったとき、わずかな時間で分配しなくてはいけないのです。結婚期間が短いと積み上げてきたものが少ないので簡単だといえますが、結婚期間が長いとそれだけ積み重ねたものが大量になります。それだけ大変になってくるというものです。

弁護士海外の有名人が離婚をするとき、高額な慰謝料が支払われますが、あれは有名人だからとか、慰謝料は女性がもらって当然だと考える人がいるかもしれません。ですが実際はそのようなことはまったくありません。慰謝料とは精神的損害に対する損害賠償金のことを指します。妻が不義を働き、それが理由で離婚となったとします。この場合は妻が有責とされ、夫に慰謝料を支払わなくてはいけません。慰謝料とは男女や年齢の上下、お金の有り無しではなく、被害者が有責者に対して請求するものなのです。

これらは個人で行うことも可能ですが、書類を正式なものにするには公正証書として認められなければいけません。仮に不倫問題でなくとも、別れようとしている夫婦です。お互いの意見が違うから別れるのであり、そのような場では意見は衝突し、お互いの主張や権利を強調し合う争う場と化すことでしょう。そのため代理人として弁護士をたてることをお勧めします。